スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予想ファクターの分析(出走回数)

競馬ソフトを使って、過去データを元に分析してみたいと思います。
ちなみに今回の予想ファクターは「出走回数」になります。


※データの集計期間は2007年1月1日~2017年1月1日(過去10年)
06_キャリア

これは単勝馬券(単勝オッズ30倍以下)の回収率についての表ですが、
儲かる馬券に投資するという観点から的中率は無視してください。

なお、今回は競争条件を「未勝利戦」に限定しています。

出走回数が2回~10回の時の単勝回収率が、出走回数が1回または11回以上の時の
単勝回収率を上回っているのがわかるかと思います。

つまり出走回数が極端に少ない場合や逆に多すぎる場合も回収率(馬券的)には
割り引いて考える必要があると言えます。

※件数は少ないのですが「500万以下」の場合も同様に
出走回数が1回しかない馬の回収率は低くなっています。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

netdetoushikeiba

Author:netdetoushikeiba
投資競馬の世界へようこそ!

最新記事
カテゴリ
過去記事
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。