予想ファクターの分析(前走のペース)

競馬ソフトを使って、過去データを元に分析してみたいと思います。
ちなみに今回の予想ファクターは「前走のペース」になります。

以下は単勝馬券における「前走のペース」毎の的中率と回収率についての表になります。
※データの集計期間は2007年1月1日~2017年1月1日(過去10年)

この表を見れば、前走のぺースが〇〇だった時の単勝回収率が、△△や
□□だった時の単勝回収率を大きく上回っているのが一目瞭然かと思います。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

コロガシ不要!複勝馬券で儲ける方法とは?

面倒なコロガシや競馬ソフトも不要!複勝馬券で儲ける方法になります。
ちなみに「追い上げ」とかではなく、「均等買い」で利益を出すやり方です。

実際に馬券を購入する際には、注意事項をよく読んだうえでご検討ください。

<抽出条件>
下記の条件を全て満たす必要があります。

・前走の出走頭数が〇〇頭以上
・前走の距離が〇〇m以下
・今回のトラックが「〇〇」
・単勝オッズが〇〇倍以下(つまり単勝〇番人気の複勝)

※新馬戦・障害戦を除く。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

万馬券的中証明書(2016/11/06開催分)

投資競馬の世界に入門してから、生まれて初めての万馬券が的中しました。
ちなみに的中R、券種、払戻金単価については以下の通りになります。

[2016年度]
11/16 200.4倍 東京12R


万馬券的中証明書はこちら

続きを読む

元手100万円を億に変えた驚きの術とは!?

今回は卍さんの著書、馬券裁判の紹介になります。
元手100万円を億に変えた驚きの術とは!?

馬券裁判“本人”が初めて明かす! 「馬券裁判 ─競馬で1億5000万円儲けた予想法の真実─」



内容紹介
「私の競馬歴について」「国税局の査察を受けてから最高裁に至るまでの経緯について」
「私がどのようなツールを用いて日々どのように馬券を購入していたかについて」
「過去データをどのように分析すればプラス収支が達成できるのかについて」
「競馬資金を短期間に大きく、しかもできるだけ安定して増加させていくためのコツについて」
本書は、さまざまな読者の方を想定して、できるだけたくさんの読者の方に満足していただけるような内容にすることを目標にして執筆しました。

投資競馬に興味があり、まだ読んだことのない方は要チェックです。

すでに投資競馬を始めている方にとっては目新しい内容はないかもしれませんが、
読み物としては面白く私は何度も読み返してしまいました。

ちなみに著書の中に出てきた数々の「予想ファクター」についてですが、
内容をそのまま鵜呑みにするのではなく実際に自分で競馬ソフトを使って
色々とデータ分析してみるのもいいかもしれません。

データ分析は面倒だ、という方は「1億5000万円稼いだ馬券裁判男」の
卍指数活用術 Ver.2(全券種セット)を利用してみてはいかがでしょうか。

予想ファクターの分析(前走の着順)

競馬ソフトを使って、過去データを元に分析してみたいと思います。
ちなみに今回の予想ファクターは「前走の着順」になります。

以下は単勝馬券における「前走の着順」毎の的中率と回収率の関係についての表です。
※データの集計期間は2007年1月1日~2017年1月1日(過去10年)

この表を見れば、前走の着順が「〇着以下」の単勝回収率が、
前走の着順が「〇着~〇着」の単勝回収率を大きく上回っているのが一目瞭然かと思います。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

予想ファクターの分析(出走頭数)

競馬ソフトを使って、過去データを元に分析してみたいと思います。
ちなみに今回の予想ファクターは「出走頭数」になります。

以下は単勝馬券における「出走頭数」毎の的中率と回収率についての表になります。
※データの集計期間は2012年1月1日~2017年1月1日(過去5年)

この表を見れば、「出走頭数」が「〇頭~〇頭」のグループについては
「回収率」が大きく下回っていることが一目瞭然です。


ここから先は儲かるかどうかは別問題ですが、万馬券を狙うのであれば
「件数」や「回収率」のバランスから「出走頭数」が「〇〇頭立て」のレースを推奨します!
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

予想ファクターの分析(単勝人気)

競馬ソフトを使って、過去データを元に分析してみたいと思います。
ちなみに今回の予想ファクターは「単勝人気」になります。

以下は単勝馬券における「人気」毎の的中率と回収率についての表になります
※データの集計期間は2007年1月1日~2017年1月1日(過去10年)

この表を見れば、「単勝〇番人気」以下の回収率が「返戻率(≒控除率)〇〇%」を
大きく下回っているのが一目瞭然かと思います。


ここから先は儲かるかどうかは別問題ですが。。。

本命党の観点から言うと、
馬連で単勝1番人気の連対率は〇〇%を超えています。
つまり〇回に〇回は1番人気が当たる(連に絡む)計算です。

穴党の観点から言うと、
単勝1番人気が馬券圏内(3着までに入線)から消える確率は〇〇%です。
つまり〇回に〇回は1番人気が外れる(4着以下になる)計算です。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

コロガシ不要!単勝馬券で儲ける方法とは?

面倒なコロガシや競馬ソフトも不要!単勝馬券で儲ける方法になります。
ちなみに「追い上げ」とかではなく、「均等買い」で利益を出すやり方です。

実際に馬券を購入する際には、注意事項をよく読んだうえでご検討ください。
それでは今回も競馬ソフトを使って、抽出条件を元に過去データを分析してみたいと思います。


<抽出条件>
下記の条件を全て満たす必要があります。

〇〇
△△

以下は単勝馬券における〇〇を元にした「的中率」と「回収率」についての表ですが、
集計期間(過去5年と直近1年)の「回収率」が100%を超えているのがわかりますでしょうか。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

1億5000万円稼いだ馬券裁判男が明かす 競馬の勝ち方とは?

今回は卍さんの著書、「競馬の勝ち方」の紹介になります。
1億5000万円稼いだ馬券裁判男が明かす 競馬の勝ち方とは?

1億5000万円稼いだ馬券裁判男が明かす 競馬の勝ち方 (競馬王馬券攻略本シリーズ)



内容紹介
「馬券で儲けるための考え方」「押さえておくべき競馬の本質」
「予想ファクターの取扱方法」「投資競馬を実現する買い方」
「袋とじ:10万円で始める投資競馬」など、デジタル派のみならず、
すべての競馬ファンが知っておきたい内容を盛り込みました。

読む人によっては、思わずスイッチを手前に倒してしまいそうな内容ですが
基本的に悪い話ではないかなと。

本に記載の「予想ファクター」で試しにバックテストを行ったところ
いくつかは回収率100%を超えるものもありました。

データ分析は面倒だ、という方は「1億5000万円稼いだ馬券裁判男」の
卍指数活用術(全券種セット)を利用してみてはいかがでしょうか。

年間馬券収支(2016年度)

今年度(2016年度)の馬券収支について
振り返りたいと思います。


投票数 :726
的中数 :29
回収率 :100.5%

的中馬券(好配当BEST5)

続きを読む

プロフィール

cannibali

Author:cannibali
投資競馬の世界へようこそ!
ギャンブルを金の卵(投資)に
変える錬金術を公開しています

【目標】
年間収支1000万と100万馬券獲得

【的中実績】
2017年度:万馬券22本
2016年度:万馬券 1本

【好配当ベスト3】
1位: 1183.8倍
2位: 895.0倍
3位: 516.5倍

ランキング
競馬 の 人気売れ筋ランキング
ブロマガ購読者向けメールフォーム
カテゴリ
最新記事
過去記事
リンク
RSSリンクの表示
訪問者数